帯研 及び 特別稽古
このエントリーをはてなブックマークに追加
 2015年8月9日 高見空手 土居田本部道場で、帯研が行われました。 高見彰最高範士の号令の下、県下の師範・黒帯・茶帯が集まり、 基本稽古・移動稽古・型稽古・組手の際の蹴り技の出し方などの稽古をつけて頂きました。大変勉強になりました。 教えて頂いた事を、森松道場で伝えていきたいと思います。
高見彰最高範士 ありがとうございました。 押忍
  DSC00574 DSC00590 DSC00591 DSC00599 DSC00600 DSC00601 DSC00603 DSC00604 DSC00605 DSC00606 DSC00607 DSC00608 DSC00609 DSC00610 DSC00611 DSC00612 DSC00613 DSC00614 DSC00615 DSC00616 DSC00617 DSC00618 DSC00619    

特別稽古

2016.06.05 帯研

2016.06.05 (日)
高見空手本部道場で恒例の帯研がありました。

基本・移動・型・組み手といつもの高見空手の稽古です。
また、今回は6月19日の愛媛県大会の審判の基準の確認もおこないました。

私はまだ身体ひねれず、またもや見学を余儀なくされましたが、
充実した稽古内容でした。

高見最高範士 ありがとうございました。 押忍

 

P1030912 P1030913 P1030915 P1030916 P1030917 P1030896 P1030897 P1030898 P1030899 P1030900 P1030901 P1030902 P1030903 P1030904 P1030905 P1030906 P1030907 P1030908 P1030909 P1030910 P1030911

2016.05.08 帯研

本日(2016.05.08),高見空手本部道場で恒例の帯研がありました。

基本・移動・型・組み手と、高見空手の方向性を踏まえた
充実した稽古内容でした。

またこの4月に、高見最高範士 自ら指導に行かれた

「スリランカKARU道場への特別指導」の模様など

聞かせていただき、ついに少しずつ世界に根や枝を伸ばしつつ
ある「我が高見空手」を、とても嬉しく思いました。

スリランカでの稽古の模様など「高見空手のホームページ」で
みてくださいね。大歓迎だったそうです。

またスリランカの有名なタクシー会社の車の窓に
「高見空手のステッカー」が張ってあったそうで、
びっくりしたそうです。

象の額縁の添付写真は、スリランカKARU道場から
贈られたそうです。

私は、今回は怪我のため見学を余儀なくされましたが、
これからも少しでも貢献できればと、心を新たにしました。

ご指導 ありがとうございました。 押忍

DSC_0849 DSC_0850 P1030846 P1030851 P1030852 P1030856 P1030857 P1030858 P1030859 P1030860 P1030861 DSC_0847 DSC_0848

帯研 2016.04.03

P1030704 P1030705 P1030707 P1030710 P1030714 P1030716 P1030718 P1030719 P1030722 P1030725 P1030697

P1030698

2016.04.03 恒例の帯研が、
高見空手本部道場でおこなわれました。

高見最高範士より
「基本と移動と投げ」の考え方や高見空手の方向性や理論などを
解説してくださり、とても勉強になりました。

本当に有難うございました 押忍

帯研 2016.03.13

564452_1570510076542870_1890718945711492963_n 10400966_1570510086542869_8582915734729896020_n 1460979_1570510443209500_7252202852536996106_n 1914557_1570510469876164_1229485678185729408_n

高見空手最高範士による帯研が,本部道場でありました。

今年度より、型の号令が、少し変わりましたので
その確認と、各級・各段位の習得すべき型など
教えていただきました。

高見最高範士 ありがとうございました。 押忍!

 

高見空手の帯研 10月19日(日)

IMG_001

去る10月19日(日)高見空手の帯研がありました。

12月に、2段位以上の昇段審査受ける受信者の為の
稽古が中心となりました。とてもいい稽古でした。

高見最高範士 ありがとうございました。

また、中予・東予や南予からの師範、指導員
道場生の皆さん お疲れ様でした。

頑張って、ゆきまっしょい!

 

 

帯研 (2014.09.21)

 今日は、「高見空手」の帯研がありました。
特に今年、初段挑戦の茶帯を対象に行われました。
わが森松道場では、今年HさんとTさんの2名受審予定で、来ていました。

気迫あふれる練習内容で、実戦を想定した型の変更などもあり、有意義な稽古となりました。

私は、椎間板ヘルニアをしてから、初めての移動稽古を行いました。
どうしても左足に力がはいらなかったもので、今まで移動稽古は控えていましたが、なんとか痛くても力が入らなくても、気力で出来るものだと、確認できました。

高見最高範士 ありがとうございました。押忍

DSC03167

DSC03171 DSC03172 DSC03173 DSC03174

DSC03170

DSC03169

 

 

 

 

 

 

 

高見彰最高範士 特別稽古(2014.04.11)  

高見彰最高範士による、特別稽古がありました。基本から始まり、移動、型と稽古をつけていただきました。一撃必殺の空手本来の原点に戻り、実戦に即した空手をめざす、高見彰最高範士の教えは、とてもわかりやすく、理にかなったもので、とても為になりました。たとえば型のこの部分は、実戦ではこう使われていることなどが、わかりやすく教えていただきました。

練習の最後に、私の四段の認定状と、高見空手を象徴する化粧帯を持ってきてくださいました。この段位に恥じず、精進したいと思いました。ありがとうございました。

そして、みんなで最高範士とともに、写真をとりました。

森松道場 がんばって!いきまっしょい!!

P1030006 P1030007 P1030008 P1030009 P1030010 P1030011 P1030013 P1030014 P1030015 P1030016 P1030017 P1030018 P1030019 P1030020 P1030021 P1030022 P1030023 P1030024 P1030025 P1030026 P1030027 P1030028 P1030029 P1030030 P1030031 P1030032 P1030033 P1030034 P1030035 P1030036 P1030037 P1030038 P1030039 P1030041 P1030042 P1030043 P1030044 P1030045 P1030046 P1030047 P1030048 P1030049 P1030050 P1030051 P1030052 P1030053 P1030054 P1030055 P1030056 P1030057 P1030058 P1030059 P1030060 P1030061

本部道場帯研(2014.03.16 AM10時~)

本部道場で帯研が、行われました。最高範士の号令の下、実戦に即した、基本稽古から始まりました。

2014年1月から極真の愛媛支部から、高見空手になって、本当の意味での高見空手に心酔した県下の精鋭だけが集まったこの帯研。

基本の後、型 「砕破」、そして、来年から審査においての型の基準がかわりますので、各昇級での型を、やっていきました。

確固たる信念の下、人としての信義を大切にし、一撃必殺の原点に戻り、試合のための空手ではなく、「実戦に使える空手」をめざす高見空手、乞うご期待あれ!

P1000048 P1000049 P1000051 P1000059 P1000064 P1000065 P1000067 P1000069 P1000071 P1000072 P1000073 P1000076 P1000077

 

› more