高見空手 道場訓
このエントリーをはてなブックマークに追加



<空手道 高見空手 道場訓>

一に曰く、
 惻隠の心は仁の端なり 拳魂歌心を宗とせよ

二に曰く、
 廉恥の心は義の端なり 信義誠実を宗とせよ

三に曰く、
 辞譲の心は禮の端なり 礼譲親和を宗とせよ

四に曰く、
 是非の心は智の端なり 勉励修養を宗とせよ

五に曰く、
 武道の心は徳の端なり 日々鍛練を宗とせよ

 概  要 

 高見空手の道場訓は、第一条から第四条が『孟子の四端説』による『仁』『義』『礼』『智』の四つの徳目の修得、最後の第五条は総括として『王陽明の事上練磨』にならい『武道家は、武の練磨で徳に至る』の納めで、五部構成となっております。

 この道場訓を一言で表現すれば『武から入り徳に至る』になり、『仁義礼智』を『真(真実の道)』と言い換えれば『真を極める』になります。

大山倍達総裁は、著書「極真の精神」において、次のように述べられております。

『心を極める、道を極めた心という意味で「極心」という名前を考え、道場生たちに諮ったところ…(中略)…、それではと考えたのが「極真」の名である。
 心を極めるとは、すなわち真実を極める、真実の道を極めるということである。武道を通じて真実を極めることを決意した集団とすれば、自分の念願に叶うと思った』

 また『千日をもって初心とし、万日をもって極みとする』とは、宮本武蔵の「五輪書」にある
『千日の稽古をもってとし、万日の稽古をもってとす』が元で、これが武道における「鍛練」とも言われます。

 このように高見空手 道場訓は『孟子の四端説』と『王陽明の事上練磨』によるものですが、同時に大山倍達総裁の精神をも受け継いでいるのです。