極真会館 創始者 大山倍達総裁
このエントリーをはてなブックマークに追加

創始者 大山倍達

極真空手の創始者 大山倍達

1923年6月4日生まれ。幼少の頃より拳法を学び、14歳で山梨少年航空学校に入学。
1938年9月15歳の時に空手を松濤館流の船越義珍に師事、その後松濤館流と剛柔流を主に学ぶ。

終戦後、「山篭り」で空手修行に励み、短期間ではあるが1956年に大東流合気柔術の吉田幸太郎から
合気柔術とステッキ術も学んだ。その他にも、講道館柔道、アマチュア・ボクシングも研究した。

正拳でろうそくの火を消す

その後、拓殖大学、早稲田大学に学び、
身延山での修行を経て1947年9月に京都で開催された戦後初の空手道選手権で優勝。

1948年4月より清澄山にて1年8ヵ月の山籠り修行を敢行し、
下山した1950年11月に千葉・館山で猛牛と対決。

1952年にはプロ柔道の遠藤幸吉四段と渡米、
1年間ほど滞在して全米各地で在米のプロレスラーグレート東郷の兄弟という設定(Mas.Togoのリングネーム)で
空手のデモンストレーションを行いながら、プロレスラーやプロボクサーなどと真剣勝負を繰り広げ7戦全勝。

ビール瓶の首から上の部分を手刀打ちで切り落とした時、観客は驚嘆し、
「Hand of God」「Miracle Hand」などと形容された。

ビール瓶の首から上の部分を手刀打ちで切り落とす

帰国後、牛を倒し(合計47頭、うち4頭は即死。)
その映像は映画『猛牛と戦う空手』(1954年)として公開された。

多くの武道家と交流し、また世界各国を巡りさまざまな格闘技を研究、空手の指導を行い、
直接打撃制の空手(極真空手-フルコンタクト空手)を作り出していった。

目白の自宅の野天道場、池袋のバレエスタジオ跡の大山道場を経て、国際空手道連盟極真会館を設立し、
数々の名だたる弟子・支部長を輩出している。

現代の多くのフルコンタクト系各流派を生み出す元ともなった。豪快で情に厚い人物であったという。

国際空手道連盟極真会館を設立し、数々の名だたる弟子・支部長を輩出した豪快で情に厚い人物だった。

1964年(昭和39年)4月に財団法人極真奨学会を冠し、会長に佐藤栄作(当時国務大臣)
副会長に毛利松平(当時衆議院議員)を迎え、国際空手道連盟極真会館が設立された。

館長(後に総裁)に大山倍達が就任。
同年6月に東京都豊島区西池袋に総本部を竣工。

なお、伝統派空手に対し、極真会館は直接打撃制(フルコンタクト)の提唱と啓蒙を行い、
1969年には第1回全日本空手道選手権大会を開催。

1975年には通称『カラテオリンピック』第1回全世界空手道選手権大会を開催して、
全世界に極真空手ブームを巻き起こす。

生涯を極真空手に捧げた人生だった。

これまで年1回の全日本空手道選手権大会と、4年に1回の全世界空手道選手権大会を開催してきた。
世界120ヵ国に公認道場を持ち、1200万人の門弟の総裁として、その生涯を極真空手に捧げた。
1994年4月26日、肺癌のため急逝。享年70歳。