高見空手 高見 彰 最高範士
このエントリーをはてなブックマークに追加

        
             < 高見彰最高範士 八段 >

<プロフィール>

 1966年 宇和島市に生まれる
       父は元極真会館四国本部長 高見 成昭(現在 高見空手総師)
 1975年 宇和島道場へ、「空手バカ一代」に影響を受け入門、
        その時,父の道場が極真であると知る
 1979年 少年部初段取得
 1984年 東京城東支部(現 最高顧問 郷田勇三師範)内弟子入門
 1989年 全米中量級2位
 1990年 全米無差別級3位
 1995年 全日本大会中量級4位、ロシア大会中量級4位
 1996年 3段取得
 2002年 4段取得 
 2005年 国際空手道連盟極真会館愛媛県支部長に就任
        四国地区強化選手監督
 2014年1月 国際空手道連盟極真会館愛媛県支部長の座を辞し、
       「高見空手」の最高範士(現八段)として、
       自らの追い求める空手道をめざし、再始動する
       
 <モットー>      和

 <好きな言葉>    武から入り徳に至る